まゆゆんのヘルシーブログ

オーガニック、無添加をこよなく愛するまゆゆんによる雑多ブログ。カフェ、アトピー、カロリー、添加物も

料理 穀物(大麦・小麦)

十六穀米の残りで雑穀米チャーハンをつくってみた。

2017/04/10

こんにちわ、オーガニック大好きまゆゆんです。今日は十六穀米の残りもので雑穀米チャーハンを作ってみましたよ。

国内産十六穀米が売れ残ってしまった

先日から毎日食べている国内産十六穀米。とてもおいしく毎日頂いております。(国内産十六穀米 業務用で雑穀米を作ってみたよ)お通じは今のところ変化なしですが、ひきつづき様子をみているところでございます。でてくれよー、頼む!そしてなぜか昨日この十六穀米が売れなくて結構のこってしまいました。こういうとき、主婦は困るのよねー。

いつもはおにぎりにしたり、翌日レンジでチンして食べていますが、休日だったので旦那様がいて、「チャーハン作ろうか?」といってくれたので、お願いしました。雑穀米チャーハン?はじめてかも。

実は、旦那様は学生時代、アルバイトで中華料理屋で働いていて、うちのチャーハン担当なんです。それがめっちゃうまいの。まゆゆんはチャーハン作りません。というか、つくれません。フライパンをふる力がないので(笑)

雑穀米チャーハンを作ってもらった

まゆゆんはチャーハンは作らないので横で眺めてました。材料はこんな感じでした。

  • 雑穀米の残り
  • 大根菜
  • ニンジン
  • 玉ねぎ
  • ネギ
  • シイタケ
  • 豚肉

味付けは塩・コショー・醤油・ガラスープです。旦那様によるとお店のようなチャーハンは火力さえあれば誰でも作れるそう。でも家庭では火力が足りないのであの味はだせないもよう。中華ってすごい火力ですものね。

作り方はこんな感じでした。

  1. 豚肉・野菜を最初に軽くいためて別皿によけておきます。
  2. フライパンに少し多めの油をいれて強火にします。
  3. そこに卵を入れて軽くかき混ぜたあと、ご飯を投入します。
  4. ガラスープを投入します。
  5. 豚肉・野菜をいれます。
  6. ネギ・塩・コショーを入れます。
  7. 醤油をいれて完成です。

ポイント1つ目は、お米をパラパラにするとき。お米をほぐしていくんだけれど、冷ご飯だからなかなかお米がほぐれない。そこでガラスープを投入するのがコツらしい。それでお米がしんなりしてほぐしやすくなると。なるほどねー。

お米がほぐれてきたら、最初にいためた豚肉・野菜を投入してかき混ぜます。最後にネギを入れて、塩・コショーをしてさらにいためます。

ポイントは最後に醤油をいれることらしいです。中華料理屋さんではチャーシューを煮た醤油の残りを使っていたけれど、それがないので濃口醤油がいいらしい。うちではマルシマ 有機杉樽しょうゆ 濃口を使っています。これがチャーハンにものすごくあうらしいのです。もちろん、有機JASマークがついたオーガニックでございます。

 

 

雑穀米チャーハンの出来上がりー!

雑穀米チャーハンが出来上がりましたー!まゆゆんは何もしていないけど。うん、おいしそう。写真撮るっていったら、整えてくれました(笑)

雑穀米チャーハン、はじめて食べましたが、うん、おいしい!というか、普通のチャーハンと変わらないかも。見た目は赤っぽくて普通のチャーハンに見えないけれど、味は同じ。雑穀の食べごたえはあるけれど、味は消えていますね。食べやすいかもー。

雑穀米は残ってもいろいろ使えそうです

というわけで、今回はじめて雑穀米チャーハンをつくって食べてみました。白米と同じでおいしかったです。ということはこの雑穀米は残っても何かと使えそうです。雑穀米おにぎり、雑穀米おかゆ、雑穀米スープ、雑穀米グラタン・・・。今度は何つくろうかなー?雑穀米っていいかも。

今回使った雑穀米と醤油はこちらです。

 

-料理, 穀物(大麦・小麦)
-, ,